原因は?

それでは、まず「いぼ」がどのようなシステムで生み出されるのかを考えてみましょう。
いぼは「ヒトパピローマウィルス」と呼ばれるものが人の体に出来た傷口から入り込んで、いぼを生み出してしまうのです。

このウィルスは全部で100種類もいて、そのほとんどは放っておいても自然に治癒する良性と呼ばれているものです。
しかしながら、どんないぼであったとしても感染の可能性がありますし、中には人体に悪影響のあるものもあるので、発見次第できるだけ早めに治療するのがいいでしょう。

いぼには、様々な種類があり、親いぼと子いぼが存在しているといわれています。
せっかくいぼを除去したはずなのに、何度も何度もいぼが出来てきてしまうのは、親いぼを退治出来ていないからなのです。
最初にできたいぼが親いぼと呼ばれており、そのいぼを根っこから除去すれば確実にいぼを撃退することが可能です。

しかし、いぼの除去は素人ではうまくできないため、いぼを発見次第、すぐに皮膚科に相談しましょう。
そのまま放っておくと、親いぼから子いぼが生み出され、体中にウィルスが蔓延してしまう可能性があります。

このいぼはどのような感染経路を渡って、いるのでしょうか。
詳しい事実は定かではありませんが、外界からの感染が殆どのようです。
また、人間の体の中にもヒトパピローマウィルスが生息していて、体内から感染することもあるようです。

PAGE TOP